持仏堂

持仏堂は、お四国のお寺さんたちで言うところの大師堂です。ここには御大師さんをお祀りしており、その周りには永代供養の御位牌等をお祀りしてあります。ここでは、彼岸法要、お盆総供養等の法要が厳修されます。この持仏堂は1885年に焼失しましたが、霜月豊永郷下石堂梶屋敷朝倉家より移築したものです。

この建物は安政4年に朝倉里吉重孝によって建築された朝倉家の居屋敷だったものです。ここの部屋では御茶を立てる事もでき、お客様を接待する座敷にもなっております。

PAGE TOP