松浦佐用彦

閉じる

豊永郷の範囲

豊永郷は大豊町の徳島県境近くにある地域です。
大豊町は、大杉と豊永の名前を合わせたものであり、大豊町が豊永郷ということではありません。
『土佐州郡志』には「東限阿州 西限本山 南限穂岐山韮生村 北限阿州」とあります。
「西限本山」とありますが、『長宗我部地検帳長岡郡下』によりますと本山郷と豊永郷の境が寺内と和田目付だったことがわかります。
和田目付より西は本山郷ということです。豊永郷の文化という場合、この時代の豊永郷を指しています。

名前の由来

豊永という名前は、小笠原備中守豊永の末裔で、豊永の姓は肥前松浦郡豊永庄に由来していると記録にあります。
現在も熊本県玉名郡に豊永という地域があります。

中世の残る地域

江戸時代の土佐潘政時代に高知県下では珍しく、中世より豊永郷を治めていた小笠原氏、豊永氏がそのままを治めることとなりました。
そのために多く、中世以前の文化が残る貴重な地域となりました。
土佐山内家宝物資料館に保存されている『御侍中先祖書系図牒』には、太平、怒田、九次の三ケ村を領地とするとあります。
九次という場所は、現在の地名でどこの場所にあたるのかさだかではありません。
『長宗我部地検帳』をはじめとする多くの文書からも豊永郷の中心地は、現在の豊永駅周辺だったということがうかがえます。

道の駅大杉

大豊町の観光地である大杉の脇にある道の駅です。

祖谷のかずら橋

かずら橋は、サルナシなどの葛類を使って架けられた原始的な吊り橋。徳島県三好市西祖谷山村善徳にあるものが著名である。

定福寺

定福寺(じょうふくじ)は高知県大豊町に所在する寺院である。
真言宗智山派。
本尊は阿弥陀如来。
新四国曼荼羅霊場第61番札所である。

大歩危

大歩危(おおぼけ)は、吉野川中流域に位置する渓谷(先行谷)。
吉野川西岸の徳島県三好市山城町西宇地区の歩危茶屋付近から高知県長岡郡大豊町大久保地区の一部までと、その対岸となる徳島県三好市西祖谷山村の一部を指す総称でもある。

小歩危

小歩危(こぼけ)は、吉野川中流域に位置する渓谷(先行谷)。
吉野川東岸の徳島県三好市西祖谷山村新道と三好市池田町川崎の境界付近と、その対岸となる三好市山城町西宇の一部を指す総称でもある。

杉の大スギ

高知県長岡郡大豊町杉の八坂神社境内に生育しているスギの巨木である。
推定の樹齢は3000年以上といわれ、1924年には国の天然記念物、1952年には国の特別天然記念物に指定された

お山の宿 みちつじ

四国吉野川沿い・高知県の山間にある宿。
昔ながらの雰囲気や、山々の風景、旬の美味しさを楽しむことができる。