松浦佐用彦

閉じる

川施餓鬼供養

 定福寺では毎年8月16日に川施餓鬼供養を厳修致しております。
 送り盆の行事でもあり、また川原での供養の行事でもあります。夕方より、川原で法要が執り行われます。
 新盆を迎えられた方だけではなく、ご先祖様への供養に多くの方が千体地蔵のお札を流されます。
 日が暮れたころには、吉野川にかかる長瀞橋の上流より、施餓鬼舟流され、お盆で帰ってこられた方々を送り出す儀式が行われます。
 施餓鬼については、「盂蘭盆会総供養」のページをご覧くださいませ。

【精霊棚】

精霊棚は場所によっては水棚とも呼ばれております。
 これはお盆には先祖・新仏・無縁仏さんが帰ってくるとされており無縁仏さん等は精霊棚でお祀りし、先祖さん等は家の中でお祀り致します。
 この大豊町の精霊棚は今では珍しい物で、手作りの棚です。材料は柱は竹でバショウの葉等を用いて飾り付けをいたします。